PHPでHTMLを出力するときに楽する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
Umberto Cofini

PHPを使用していると、「print」や「echo」を使って、HTMLを出力する場面が出てきます。

「table」を使って、長いHTMLになると複雑化して、訳がわからなくなってきます。

これを簡単に表記する方法があります。

まずは、通常の表記方法。


<?php

$date="2016/02/26";
$image="img1.png";

print "<table>";
print "<tr><th>日時</th><td>".$date."</td></tr>";
print "<tr><th>画像</th><td><img src='images/".$image."'></td></tr>";
print "<table>";

?>

変数が入ってくると、さらに厄介になりますね。

これをヒアドキュメントなるもので表記してみると、


<?php

$date="2016/02/26";
$image="img1.png";

print<<<eof

<table>
 <tr><th>日時</th><td>$date</td></tr>
 <tr><th>画像</th><td><img src='images/$image'></td></tr>
<table>

eof;


?>

非常にスッキリしました。
「<<<eof」「eof;」で囲んで、普通に記述するだけでOKです。
とても見やすく表示が出来て、入力ミスも減るし、これは積極的に使っていきたい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
スポンサーリンク

コメントを残す